FC2ブログ
2008.04.21 チューリップ

Dscn2873_2 チューリップ王国”とやま”のお店らしく玄関前のチューリップが今を盛り!
はヤッパリ癒されますね。うちの奥さんが先週家からプランターごと持って来たものです。
先週の新聞に、富山の料理旅館で、玄関先に置いてあったプランターに咲いていたチューリップが、根こそぎDscn2877引っこ抜かれた記事が載っていました。心無いことをするものです。花に手を掛けている人の気持ちが理解できないほど未熟なのでしょうか?人は相手の気持ちに立って物事を判断できるようになって初めて一人前。年齢は関係ありません。

スポンサーサイト



Dscf0066 当店でも送別会が盛大に催されました。飲食店はそもそもピープルビジネスといわれ、お客様との間も、従業員同士でも、人と人とのつながりがとっても濃厚な世界。だから去ってゆく人、新しく仲間に入る人、この季節の人との出会いと別れがこんなちっぽけなお店の中でも世間の縮図のようにあります。そもそもご利用いただくお客様との出会いこそが、商売の原点!わざわざたくさんあるお店から何かの理由で選んできていただくわけですから、ありがたい話でご縁を感じます。世の中の成り立ちもそんな中で日々過ぎゆくのでしょうが、人間は浅はかなもので、忙しさにかまけてそんなことに感謝するでもなく、日々が過ぎていってしまいがちです。でもある日人間関係に悩んでみたりするわけで、それは日々の中での無意識さが帰結したこと?!と、頭の中で理解はしていても、浅はかな私は、毎度毎度、そんなことに振り回されている毎日でございます。

2008.04.06 開花!

Dscn2872 この季節、爽やかで春爛漫

この桜の木も最初は細い幹をつっかえ棒に寄りかかりながら立っていましたが、今ではたくましく育ちました。15年の歳月は早いものです。Tomato & Onion としてこの地で商売をさせていただいたのが、平成5年12月。それからお店はずっとこの木に見守られてきました。そして毎年この季節になると淡いピンクの花びらを、散り際も良く咲き誇ってくれています。そのうちに木の背丈が大屋根を越えるようになるでしょう。それまで皆様方に永く愛され続けるようがんばって行きたいと思います。

Dscn2867 4月、新しく始まる月

新入学のちびっ子・学生さん、

新社会人になられた方々、

新しい土地で新しい生活を始められた人々、

まぶしく光り輝く水面をはしっている人

きびしい荒波に立ち向かっている人も

桜の花がそれぞれの人生を見守ってくれますように

その桜を愛でながら

一時のささやかな幸せを感じつつ

笑顔で「だんらん」